水道工事で重要な装置工事

水道 工事では、装置工事と呼ばれるような内容が出てきます。一般的には給水設備に対して使われる言葉になりますが、とても重要な意味が出てくる部分です。誰でも勝手にやっていいものではないのは、生活にかかわる大事なインフラになってくるからと考えると、重要性もわかるでしょう。水が生活に必須で、だれもが使うものにだからこそ、装置工事の意味を理解しておかなければいけません。

■給水装置を取り付ける装置工事

給水装置を取り付ける水道工事のことを装置工事と呼ぶことがあります。給水装置は、排水管から実際に使うところまで利用できるようにするために必要なものです。排水管は公共のインフラとして重要なものであり、安易に取り付けたり外されたりできるものではありません。使えない人も出てきますし、水の安全性にもかかわってくることです。公共のインフラとして利用量もかかってくるため、公平な内容にならなければいけないからです。
そのため、装置工事という場合には、容易に取り外しができるホースなどの内容は含まないところが重要です。湧水用具までの管が給水装置になってくることも知っておかなければいけないでしょう。

■有資格者でなければいけない

勝手にやってはいけないことは理解できても、どのように規制しているのかが重要になってきます。公共のインフラを利用することになるため、給水装置工事主任技術者試験という国家試験に合格したものを業者としてはおかなければいけなくなっています。
これは水道法によって定められたものであり、技術的にも指導監督する立場になってきます。もちろん、工事業者として、基準に適合する内容を持っているかどうか確認する立場でもあり、連絡や管理する立場として、有資格者を置かなければいけません。こうした制度をしっかりと確立させているからこそ、日本の水道は安全に利用できるかたちを維持しています。依頼する場合には、有資格者の有無などは、押さえるポイントになってくるでしょう。

■まとめ
水道 工事の大事なポイントは、何でも勝手に行ってはならないということになります。公共のインフラを利用しながら生活を豊かにしていくことになるのですから、自分だけの意思で決めることはできないことは簡単に理解できるはずです。給水だけではなく、排水に関しても勝手に好きなところに流すわけにはいかないのですから、依頼するときには内容についてもきちんと把握しておく必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ